WWDC2011のまとめ

2011年6月6日にAppleのWorld Wide Developer Conference(WWDC)がありました。

wwdc-2011-2011-03-28


Mac向けのMacOS X Lion、iPhone/iPad向けのiOS5、そして全Appleユーザー向けのiCloudが発表されました。

LionとiOS5はそれぞれのOSの良いところを共有しながら、それぞれのOSを進化させました。二人で前を向いて歩きながら、たまにお互いの顔を見て立ち止まる感じですかね。これまでに無い新しいデバイスが登場するまでは、このような進化のパターンで進むと思います。

iCloudはAppleソリューションのハブ機能をMacから引き継ぎました。母艦としてのMacが不要になる可能性を秘めています。実際、僕自身もMacでやる作業はApertureでの写真編集とMicrosoft Officeでの文書編集がほとんどです。今後のMacのポジショニングがどうなるか非常に楽しみです。

ちなみに、我が家のMac miniの動作スピードはそろそろ限界です。。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す