カーマイン・ガロ来日イベント「ジョブズ流を自分の力に!」に参加しました

7月7日(木)にカーマイン・ガロ来日イベント「ジョブズ流を自分の力に!」に参加しました。正式なイベント名は、『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』刊行記念 著者来日イベント 「ジョブズ流を自分の力に!」、です。

2011-07-07 19-17-52


前日7月6日に参加した「ガストブロガー試食会」も初めての雰囲気(すごくカジュアルな雰囲気)でしたが、今回のイベントも独特な雰囲気(すごくビジネス的な雰囲気)がありました。スティーブ・ジョブズ本人のキーノートの際の雰囲気はどんな感じなのでしょうね。


イベントは3部構成で、司会者はAMN社長の徳力さんでした。


第1部は「日本の読者のみなさんへのメッセージ」と題して、カーマイン・ガロさんのプレゼンテーションでした。『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』の中には7つの法則が書かれているのですが、時間の都合もあり、以下の2つの法則についてプレゼンテーションされました。


 1. 大好きなことをする Do what you love
 2. 宇宙に衝撃を与える Put a dent in the universe



「情熱を傾けること」、「ビジョンに賭けること」の重要性について語られました。情熱だけでもビジョンだけでもダメで、2つを組み合わせることでイノベーションが生まれるとのことでした。

2011-07-07 19-34-22
【カーマイン・ガロさん、英語プレゼンでしたがすごく分かりやすかったです】


第2部はカーマイン・ガロさんと外村仁さんのトークセッション&質疑応答タイムでした。質問者の大半の方が英語で質問されていたのにビックリしながらも、お二人から以下のメッセージがありました。


 ・バーチャルなものだけでなく、リアルなものに積極的に触れよう。
 ・震災後シリコンバレーに来る若者が増えている。
 ・きっかけはどうであれ、何かにチャレンジしようという流れが生まれているのは良いことだ。
 ・危機的な状況だからこそ、もっと大きく夢を持って欲しい。



会場からの「ジョブズに何かアドバイスするとしたら?」という質問に対してガロさんは「アドバイスではなく希望」と前置きした上で、「Appleやジョブズの秘密主義をオープンにしてほしい」とおっしゃっていました。「Appleのように成功しているもっとオープンな企業も存在する」と。

2011-07-07 20-04-47
【外村仁さん、Twitterのプロフィール写真とは雰囲気が違いました】


第2部の最後にスティーブ・ジョブズ人形が登場するというおまけ付きでした。

2011-07-07 20-54-13
【スティーブ・ジョブズ人形、タグ付きということは売り物なのでしょうか】


イベントでの通訳はTechcrunchでおなじみの滑川海彦さんでした。勝手に若い人と想像していましたが、思っていたよりも年配の方で驚きました。通訳も非常によかったです。

2011-07-07 20-53-12
【右側が滑川海彦さん、場を和ませるユーモアもお持ちの方でした】


■リンク
・AMNイベントレポート
 ※イベント当日の模様が掲載されています。
Flickr
 ※イベントで使われたプレゼンテーション画像を掲載しています。


Fans:Fans

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す