GALAPAGOS(A01SH)タッチ&トライ ブロガーミーティングに参加しました

Fans:Fansにて「GALAPAGOS(A01SH)タッチ&トライ ブロガーミーティング」に当選しましたので参加してきました。

2011-08-25 19-03-07

fans:fansによると、今回のイベントの概要は以下の通りでした。

今回のイベントでは、発売前の「GALAPAGOS(A01SH)」を実際に触って頂き、「片手で持てる軽量・コンパクトなボディ」、「7インチの高精細ディスプレイ」そして、「大画面でのアプリケーション操作の快適さ」等を体感して頂けるほか、シャープの開発ご担当者様による開発秘話も聞ける内容となります。

「国内初のAndroid3.2搭載7インチWi-Fiモデルタブレット」ということで黙って見ているわけにはいかず、無条件反射のように申し込んでしまいました。

まずはプレゼン前に写真撮影。

2011-08-25 19-04-12

A4クリアファイルのほぼ半分の大きさです。

2011-08-25 19-04-40

裏面にはGALAPAGOSロゴとイー・モバイルロゴがあります。右上はカメラです。

2011-08-25 19-05-06

電源を入れるとGALAPAGOSロゴが出てきます。結構映りこみますね。

2011-08-25 19-05-26

起動完了です。映り込みが多くてすみません。。

2011-08-25 20-32-12

メニュー画面です。この画面から設定メニューに行くのに結構な時間を要してしまいました。右上のボタンを押すとアプリメニュー画面に行くことができました。

2011-08-25 20-33-08

下側にいろいろな接続端子があります。MicroSDカードスロットもここにありましたが、男性の指だとちょっと出し入れがしづらいかもしれません。

2011-08-25 20-33-35

上側には電源やボリューム調節ボタンがあります。電源ボタンがどこにあるか分かりにくかったです。

2011-08-25 20-37-04

2011-08-25 20-37-27

2011-08-25 20-37-47

iPad2との比較画像を3枚ほど。iPad2を横にしてGALAPAGOSを縦にすると、ちょうどiPad2の半分くらいです。

2011-08-25 19-29-25

僕のブログのbeta版(Wordpressインストール版)をチェックしました。僕のブログサイズであれば、7インチで問題無く閲覧できました。

プレゼンは、イー・アクセスさん(販売会社)、シャープさん(製造会社)、NVIDIAさん(内蔵チップの製造会社)の3社からありました。プレゼン資料はFlickrにアップしていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。また、AMNブログにも当日のイベントの様子が掲載されていますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

タッチ&トライをしてみて真っ先に感じたのが「指の滑りが悪い」ということでした。僕の指が悪いのかGALAPAGOSのスクリーンが悪いのか判断が付かず、ウェットティッシュで両方とも綺麗に拭いてみましたが、残念ながら改善されることはありませんでした。タッチした感触は個人差があるので、一概に「GALAPAGOSが悪い」ということはできないのですが、僕自身はこの時点で選択肢から外さざるをえなくなってしまいました。

タッチした感触に問題が無いことを前提とすると、Android OSのUIの難しさ(iOSと比較して)は他のAndroidタブレットやスマートフォンと同様に存在するものの、7インチというサイズは日本人には受け入れられやすいサイズだと思いました。ブラウジングにはやや物足りなさを感じましたが、メールやSNSや電子書籍(文庫本)といった文字情報を扱うコンテンツを閲覧するのに適したサイズだと思いました。

また、普段モバイルノートPCを持ち歩く人にとっては、10インチ前後のタブレットは大きさが重複すると同時に重量も結構大きくなってしまいますので、モバイルノートPC&7インチタブレット&スマートフォンという3点セットが今後普及していくかもしれませんね。

ちなみに、この記事はイー・アクセスさんのサイトで8月30日に掲載されるそうです。

■リンク
GALAPAGOS(A01SH)

Fans:Fans

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す