「mopera U公衆無線LANコース」を解約しました

9月末をもって「mopera U公衆無線LANコース」を解約しました。

useimage-wlan2


「mopera U公衆無線LANコース」というサービス名よりも「mzone」と言った方が分かりやすいかもしれませんね。NTTドコモが提供する公衆無線LANサービスです。

かつてはiPhoneとmzoneを組み合わせて「IEEE802.1x自動認証」という優れ技を利用できました。この優れ技を使うとmzoneへの接続とログインを自動でやってくれるため、ユーザーは3G/Wi-Fiを全く意識せずに利用できるメリットがありました。

しかし、最近はその優れ技の成功頻度も下がり、手動でログインするケースが多くなってしまいました。自動ログインに慣れてしまうと手動ログインは面倒で、mzoneの利用頻度も下がってしまいました。iPad専用で使おうかとも思いましたが、ISW11HT(EVO WiMAX)を持っているので利用頻度が低いだろう、ということで解約に至りました。

最近の通信業界は、mzoneであったりau Wi-FiであったりソフトバンクWi-FiであったりWi-Fiブームですが、なぜかWi-Fiから距離を置くようになっています。不思議なものです。

■リンク
「mopera U公衆無線LANコース」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. […] 先日解約した「mopera U公衆無線LANコース」ですが(記事はこちら)、ふと「iPhone4SだとIEEE802.1x自動認証がうまくいくのでは?」と思い、ものは試しに「mopera U公衆無線LANコース」を再契約しました。 まず、iPhone4の時と同じように、iPhoneの設定画面からWi-Fiの設定を行いました。 すると、Wi-Fiの設定は無事完了したものの、iPhoneは全くWi-Fiに接続しようとしませんでした。「iOS5になってから使えなくなったのかな・・・」と思いながらインターネット上を調べたところ、こんなブログ記事を発見しました。簡単にまとめてしまうと、「iPhoneの設定画面からはNGで、iPhone構成ユーティリティを使えばOK」という内容でした。 iPhone構成ユーティリティは、Mac版とWindows版に分かれています。早速自宅のMac miniにMac版をインストールしてプロファイルを作成しました。 プロトコル設定画面です。 認証設定画面です。 信頼設定画面です。 できあがったプロファイルをiPhoneにメールしてインストールした状態です。 これで「mopera U公衆無線LANコース」のエリアに行ってチェックしたところ、問題無くWi-Fiに接続されるとともにIEEE802.1x自動認証もうまくいきました。その後現在まで、前回悩まされたログイン画面が表示されることもなく、自動ログインでWi-Fiを利用できています。 ■リンク 「mopera U公衆無線LANコース」 document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//tetsukun0105.com/&nsid=98838044957779988%3A%3A98838075290973203&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E")); カテゴリー: Gadgets & Lifehack & SNS タグ: コメント (0) トラックバック (0) コメントをどうぞ トラックバックURL […]

コメントを残す