「Sony Ericsson mini タッチ&トライ ブロガーミーティング」に参加しました

10月27日(木)「Sony Ericsson mini タッチ&トライ ブロガーミーティング」に参加しました。

IMG_1113


最近の業界ニュースで話題のSony Ericssonのイベントです。「Sony Ericsson mini」はとにかく小さいです。上の写真はiPhone4SとSony Ericsson miniを並べた写真ですが、かなり小さいのがお分かり頂けると思います。

当日のプレゼンテーションのスライドはFlickrにアップロードしましたので、そちらをご覧ください。このブログではブロガーミーティングでのQAや僕の個人的な感想をお話します。

Sony Ericsson製品は他にもシリーズがある中、Sony Ericsson miniを投入した理由は?

「何かとがったものを出したかった。そのため、サイズにインパクトのあるこの製品を投入した」(イー・アクセス)

どのようなマーケットがターゲット?

「女性や若者がターゲット」(イー・アクセス)

SIMロックフリー?

「Yes」(イー・アクセス)

今後のAndroidのバージョンアップには対応しているのか?

「現時点では未定」(Sony Ericsson)

他のAndroidと異なり、メニューボタンと戻るボタンの位置が逆だが?

「Androidではこうしなさいという規定は無い。横向きで持った場合、戻るボタンはキーボードに近いほうが押しやすいので、この位置になった」(Sony Ericsson)

今後のSony Ericssonはどういう方向に進むのか?

「幅広いラインアップを目指す。またグローバルスマートフォンとして全言語対応をしていく」(Sony Ericsson)

他のSony Ericsson製品は薄型だが、これだけなぜ分厚い?

「ホールドバランスを考慮したらこの厚さになった」

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが発売するAndroidスマートフォンは液晶画面が4インチ以上の比較的大きなスマートフォンが多いですが、イーモバイルは先日の「smart bar(S42HW)」(記事はこちら)のように小型スマートフォンを重視しているように感じますね。

IMG_1168

唯一気になったのが、僕の持ち方ですと薬指がタッチパネルに触れてしまうんですね。初めは何かの誤動作かなと思っていましたが、まさか自分の薬指が当たっているとは夢にも思いませんでした。

「Sony Ericsson mini」「Experia ray」のような小型スマートフォンは世間では「女子スマホ」と呼ばれているようですが、すでにメインとなるスマートフォンを持っている人が2台目に買うこともあるので、もう少しネーミングを考えて欲しいなあ、と思う今日この頃であります。別に男子が持ってもいいよね?と。

■リンク
Sony Ericsson mini

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す