「Googleアナリティクス」がバージョンアップしました

11月下旬に「Googleアナリティクス」がバージョンアップしていました。

Google Analytics


このブログには「Ultimate Google Analytics」というプラグインを利用して、Googleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれています。Wordpress.comが提供している「Jetpack by WordPress.com」というプラグインに含まれるサイト統計情報が意外にシンプルで使いやすいので、Googleアナリティクスを見る機会は少ないのですが、バージョンアップしたということもあり、どんなものかチェックしてみました。

メールに書かれていたオススメ機能は以下の4つでした。

1.Googleアナリティクスリアルタイム

リアルタイムのレポート機能により、サイトの動向をすぐに確認することができます。レポートは常時アップデートされ、サイトで発生したページビューが、数秒でレポートに反映されます。リアルタイムレポートは [ホーム] タブからアクセスすることができます。

リアルタイムサマリー
Googleらしいリアルタイムのレポートです。残念ながらブログ執筆時は0件でした。

2.マルチチャネル

コンバージョンや購入に至るまでの 30 日間にユーザーが接触したチャネルを確認することができます。コンバージョン経路には、有料広告や通常の検索結果のクリック、アフィリエイト、ソーシャルネットワーク、ディスプレイ広告など、さまざまなメディアチャネルでのインタラクションが含まれます。

マルチチャンネルサマリー
これはよく分かりませんでした。これも0件なので推測することもできず。

3.モバイルレポート

携帯端末でウェブを閲覧するユーザーは増え続けています。新しいバージョンの モバイルレポートは、モバイルユーザーがサイトでどのような行動を取っているか把握できます。ユーザーがよく使用する携帯を調べ、その携帯に向けた最適化に、取り組むこともできます。

モバイルサマリー
モバイル別のレポートです。僕のまわりでもPCは使わずスマートフォンだけでブラウジングしている人が増えてきたので、これは今後重要になるであろう分野だと思います。

4.ビジュアルフロー

ビジュアルフローは、美しいデザインを備えた高度なツールで、ユーザーのサイト内での移動をグラフィカルに表示することができます。以前のバージョンのナビゲーションツールをゼロから検討しなおし、再設計したものとなっています。

ユーザーフロー
これはユーザーがサイト内でどういう動きをしたかをチェックできます。どこから来ているかはどのツールでもだいたい分かるのですが、どこへ行っているかが分かるツールはなかなか無いと思います。

現時点ではアナリティクスを分析して何か行動に移しているわけではありませんが、今後は無理の無い範囲で活用していきたいと思っています。

■リンク
「Googleアナリティクス」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す