節電シャツを体感|「フレックスジャパンブロガーイベント」 #節電シャツ

2012-05-10 18-59-55

おはようございます、首が太く腕が短いTetsuji(@tetsukun0105)です。

5月10日、Fans:Fansのキャンペーン経由で、「フレックスジャパンブロガーイベント」に参加しました。

これまでは素材よりもサイズにこだわってきたワイシャツ選びではありますが、また昨夏のような節電の夏が始まるとなると、ワイシャツの素材も気にしなきゃなー、ということで参加したブロガーイベントです。

まずはフレックスジャパンという会社の説明から始まりました。

2012-05-10 19-39-30

左右の衿先が揃うという特許を持っているそうです。たしかに揃わないよりも揃っていたほうがキレイに見えますよね。

2012-05-10 19-40-21

ポケットに入れた携帯電話を下から取り出せる「携帯電話収納ポケット付きシャツ」「磁気治療器シャツ」といったユニークな商品も開発していたそうです。これは要らないかなw

2012-05-10 19-41-35

で、今回の節電シャツの説明に移ります。

2012-05-10 19-48-24

素材はポリエステル100%。生地開発には東レが関わっているそうです。ユニクロのヒートテックやシルキードライもたしか東レが関わっていましたね。

商品のポイントは以下4つ。

2012-05-10 19-51-06

2012-05-10 19-51-38

2012-05-10 19-53-38

2012-05-10 19-54-19

ここからはタッチ&トライタイムへ。

2012-05-10 19-58-59

これは通気性の実験。素材の下から風を当てているのですが、節電シャツのほうが通気性が高いため、ボールが舞っています。

2012-05-10 20-07-41

これは吸水性の実験。綿100%や綿ポリ混のものは吸水性が低く、生地下まで水が染みてしまいましたが、節電シャツは生地がしっかり吸水して、生地下へ染み出していませんでした。

2012-05-10 20-16-40

これは速乾性の実験。洗濯し約2時間が経過していますが、節電シャツは完全に乾いていました。綿100%はこの通りまだ湿っていますし、生地もよれよれです。

2012-05-10 20-13-33

節電ジャケットを試着中。ジャケットの形をしていますが、着心地はジャケットとは全く違いました。長袖のTシャツを着ているような感じでした。

お土産に節電シャツを2枚頂きましたので、着心地などは別途記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す