あとで読む系アプリをReadabilityからPocketに乗り換えました

2012-11-06 18-54-00

MacやiOSデバイスで利用していた「あとで読む」系アプリを「Readability」からPocketに乗り換えました。

これまで使っていた「Readability」というサービスは「Reeder」というRSSリーダーアプリに登録することができたため、1つのアプリでRSSフィードの購読とあとで読む情報の管理の両方を行うことができました。

しかし、iPhoneのReederでReadabilityを利用するとログインエラーが結構な頻度で発生してしまい、だんだん再ログインが面倒になってきました。

そんな中、ブログ「Lifehacking.jp」でPocketについて書かれており、良さそうだと思い乗り換えを決意したというわけです。

2012-11-06 18-56-12

Pocket for Macのインターフェースはこんな感じです。Reeder for Macのインターフェースに似ているので、あまり違和感無く使うことができます。

2012-11-06 18-57-43

Pocket for iPhoneのインターフェースはこんな感じです。画面上部の「Pocket」と表示された部分をタップすることで、FavoriteやArchiveフォルダに移動することができます。

2012-11-06 18-58-09

Pocket for iPhoneでのページビューです。Archiveへの移動、Favoriteへの移動、表示フォントの変更、SNS等へのシェアが可能です。

2012-11-06 18-58-19

TwitterやEvernoteなど、有名どころのサービスはカバーしています。

気になる同期の速度も特に問題ありませんので、あとで読む系のアプリを探している方にはオススメです。僕はReederからPocket、EchofonからPocket、ChromeからPocketという感じで使っています。

iOSアプリはこちら。

Pocket (Formerly Read It Later) App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

Macアプリはこちら。

Pocket App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す