年末に向けセキュリティ対策を|Googleアカウント2段階認証プロセス

google

このたび、僕のGoogleアカウントに「Googleアカウント2段階認証プロセス」を設定しました。

通常のGoogleアカウントは、メールアドレスパスワードの組合せでログインします。ほとんどの場合、メールアドレスは公開されていると思いますので、非公開のパスワードがどこかで漏れてしまうと、第3者によるGoogleアカウントへのアクセスが可能になってしまいます。

一般的なセキュリティ対策として、「本人しか知らないもの」「本人しか持っていないもの」を組合せることが良いと言われています。例えば、銀行口座からお金を引き出す場合、本人しか知らないもの(=暗証番号)と本人しか持っていないもの(=キャッシュカード)を組み合わせますね。

Googleアカウント2段階認証プロセスでは、それと同じことを行うというわけです。本人しか知らないもの(=パスワード)は今まで通り継続させ、本人しか持っていないもの(=本人の携帯電話)を組み合わせるというわけです。

基本的な仕組みは簡単で、Googleアカウント2段階認証プロセスをONにして初めてGoogleアカウントにメールアドレスとパスワードの組合せでログインすると、事前に登録したメールアドレス宛に確認コードが届きます。届いた確認コードを入力すれば、晴れてログイン完了というわけです。

MMSを受信できない場合は、事前に登録したバックアップ用の電話番号、iOSアプリ「Google Authenticator」印刷用バックアップコードを利用することができます。バックアップ用の電話番号はMMSとは別の電話番号にしておくといいかもしれません。

Google Authenticator App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

まだ2段階認証プロセスに対応していないアプリケーションの場合、アプリケーション固有のパスワードを生成する必要があります。このパスワードは一度しか表示されない使い捨てパスワードのようですので、書き留める必要もなくリスクが少なそうです。

年末に向け、ご自身のGoogleアカウントのセキュリティ対策にいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す