厳寒地でのカメラ結露対策に|ジップロック フリーザーバッグ 大 36枚入

2012-11-19 11-13-37

11月のアラスカ旅行時のカメラ結露対策に、「ジップロック フリーザーバッグ」を買っていました。

スポンサーリンク

デジタル一眼レフカメラがすっぽり収まります

カメラだけなら1枚で十分なのですが、小物を分けて入れたりいろいろな意味で役に立ちました。

-30℃の屋外から+20℃の屋内にカメラを持ち込むと、急激な温度上昇でカメラに結露が発生し、それが原因でカメラが壊れてしまうことがあるそうです。ですので、-30℃の屋外でジップロックにカメラを入れ、その状態で屋内に持ち込み、間接的に徐々に暖めていくのがいいそうです。

このサイズですと、Nikon D90とSigma 17-50mm F2.8を、レンズを外すことなくそのまま入れることができました。

参考までに、カメラボディとレンズの装着接点の金属部分に結露が発生していました。また、D90だと接点接触不良のエラーが発生することがありますので、その場合は一度レンズを取り外してキレイに拭いてから再装着すると復旧します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す