満潮時の宮島 厳島神社|2013/6広島&山口#14

2013-06-09 09-44-44

2013年6月9日、錦水館での朝食を終え、これから満潮を迎える「厳島神社」へ行ってきました。

前日は午後の干潮、夜の満潮の組合せでしたが、この日は午前の満潮です。この2日間の滞在で、夜の干潮以外はすべてを体験することができました。

2013-06-09 08-38-19

毎度恒例の御笠浜入口の鳥居からスタートします。

2013-06-09 08-38-53

朝8時半過ぎなのですが、予想以上に空いています。夜も空いていましたし、島の昼間は短いのでしょうか。

2013-06-09 08-42-12

御笠浜の先端で、まずは海に浮かぶ大鳥居です。やはり海に浮かんでいる大鳥居は神秘的ですねえ。

2013-06-09 08-48-14

大鳥居の反対側は、ご覧の通り社殿が海に浮いているようです。すごいの一言。

神社に入っていきます。

2013-06-09 08-57-55

神社に入りまして、まずは鏡の池。前日の干潮時とは異なり、きちんと池になっていました。

2013-06-09 09-00-15

東回廊から、この日のベストショットの1枚。24mm、50mm、85mmと焦点距離を変えて撮影したところ、50mmのこの構図がお気に入りの1枚となりました。

2013-06-09 09-08-12

平舞台からの大鳥居。9時を過ぎましたが、火焼前には誰もいませんでした。

2013-06-09 09-09-22

ということで、無人の火焼前をゲット! 人気の撮影スポットである火焼前でのんびり撮影するのは午前中の早い時間がオススメということですね。

2013-06-09 09-25-40

西回廊からも1枚。個人的には西回廊よりも東回廊のほうが好きですね。

2013-06-09 09-42-19

鏡の池を反対側から。満潮時刻がもうすぐになり、どんどん潮位が上がっていきます。

2013-06-09 09-48-51

行きの大鳥居の時から1時間経過しましたが、潮位がほぼピークになりました。手前の看板も少し水につかっていますね。前日の日中はここを歩いていたんだよな、と思うと不思議な感覚でした。

この後は錦水館に戻ってチェックアウト、宮島を後にします。

人と神々が共に生きる島~宮島 嚴島神社

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す