高桐院の紅葉|2013秋の京都#15

高桐院 Kotoin

2013年11月24日、京都市北区紫野の「高桐院」に紅葉狩りに行ってきました。

2013年の京都紅葉狩りも、高桐院で最後になりました。

Wikipediaによると、

高桐院(こうとういん)は、京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の寺院。大本山大徳寺の塔頭のひとつである。開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)である。

とのこと。過去3回の京都紅葉狩りで毎回訪ねている、お気に入りのお寺であります。

高桐院 Kotoin

入口。

高桐院 Kotoin

正面。

高桐院 Kotoin

薄暗い道を歩いていきます。散りもみじがキレイなところです。

高桐院 Kotoin

想像以上に大混雑。お寺の規模を超える人数です。

高桐院 Kotoin

お気に入りのスポット。縁側は混んでいるので、少し離れたところでのんびりします。

高桐院 Kotoin

額縁にするには人が多すぎましたね。

高桐院 Kotoin

竹林を背景にしたもみじ。

高桐院 Kotoin

ちょっと混みすぎていたので、早めに撤収することにしました。年々人が増えているように感じますので、平日もしくは朝一番の訪問が良いと思います。

高桐院をもって、2013年秋の京都紅葉狩りは修了。今年の紅葉は色づきが少し遅く、散りもみじを鑑賞することができませんでしたが、赤黄緑とカラフルな紅葉を満喫することができました。

次回の京都はいつになるかな。


大きな地図で見る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す