Canon Powershot S100用水中ハウジング「WP-DC43」とウエイト「WW-DC1」

131210_Canon WP-DC43 11

2013年12月10日、Canon PowerShot S100 用水中ハウジングCanon ウォータープルーフケース WP-DC43とウエイトCanon ウォータープルーフケースウエイト WW-DC1を購入しました。

スポンサーリンク

初の水中カメラ

年末からの沖縄・パラオダイビングに備えての購入です。

ちまたに出回っているPowershotはすでにS120ですので、S100用のハウジングはなかなか販売されておらず、楽天で定価以上の値段を購入することになってしまいました。。カメラを買い換えるよりは安いとはいえ、複雑な気分です。

131210_Canon WP-DC43 2

上から。最初はシャッターボタンの半押し・全押しの感覚を掴むのが大事です。グローブ有りとグローブ無しでも全然感触が違います。

131210_Canon WP-DC43 3

正面。内蔵フラッシュの反射板が付いています。

131210_Canon WP-DC43 4

横。コントロールリングを回すためのダイヤルです。

131210_Canon WP-DC43 5

反対の横。開閉するためのレバーです。

131210_Canon WP-DC43 6

下。ウエイトを付けるところです。

131212_Canon WW-DC1 3

ウエイトを付けるとこんな感じ。S100の場合は1枚で中性浮力だそうです。

131210_Canon WP-DC43 7

後ろ。赤いボタンは動画撮影ボタンです。

風呂場で練習して、本番に臨むことになります。くれぐれもプールで練習しないようにしましょうw

キヤノンのホームページ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す