バリカサグでダイビング|フィリピン航空 PR435 NRT-CEB|2014/3 ボホール#1

140321_NRT to CEB_7

2014年3月21日〜24日、フィリピン・バリカサグへダイビングに行ってきました。

スポンサーリンク

2014年初潜りはフィリピンへ

ダイビングは年末のパラオ以来約3ヶ月ぶり、乾季のフィリピン・バリカサグへギンガメアジのトルネードを見るべく行ってきました。

旅行会社は年末パラオと同じくマリンジャックさん。パラオの時はダイビングは自己手配でしたが、バリカサグではダイビングもマリンジャックさんにお任せしました。

今回の3泊4日のざっくりした旅程は以下の通りです。

 3月21日(金) 移動(成田〜セブ)、セブ泊

 3月22日(土) 移動(セブ〜ボホール)、バリカサグ3ダイブ、アロナビーチ泊

 3月23日(日) バリカサグ3ダイブ、アロナビーチ泊

 3月24日(月) 移動(ボホール〜マニラ〜成田)

フィリピン航空 PR435 NRT-CEB (Y)

140321_NRT to CEB_3

今回は初めてのフィリピン航空。成田空港の利用ターミナルも初めての第2ターミナルです。チェックインカウンターが4つ、さらにチェックインシステムの故障もあり、チェックインにすごく時間を要しました。

140321_NRT to CEB_4

搭乗ゲートはサテライトの95番ゲート。3時間近く前に空港駅に着いたのですが、ゲート到着は30分前を切っていました。

140321_NRT to CEB_5

利用便はPR435。利用機材はエアバスA330と、久しぶりのエアバスです。座席は非常口座席の1つ後ろの窓側を選んだのですが、前方が非常口で空いているという非常に変わった座席でした。

140321_NRT to CEB_6

機内食はご覧のとおり。セブには深夜到着だったので、これだけでは到着後にお腹が空いて困りました。空港の到着動線には売店のようなものはなかったので、スナック等を日本で用意していったほうがよさそうです。

2014年春のフィリピンの記事はこちらでまとめてご覧頂けます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す