清水寺の桜(早朝参拝)|2014春の京都#8

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_3

2014年4月6日、京都市東山区の「清水寺」へ桜を見に行ってきました。2014春の京都シリーズです。

いつもは大混雑の清水寺ですが、早朝6時開門という朝のスケジュールを利用して行ってまいりました。結論から言いますと、日中の清水寺とはまったく違う、観光客ではなく地元の方の清水寺といった雰囲気でした。

朝6時前ですと、仁王門前の石段のところにボランティアの方が何人か立っており、寺内どころか石段1段すら上がることは許されませんでした。6時と同時にボランティアの方が撤収し、参拝開始となります。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_11

一番乗りですので、当然のことながら本堂の清水の舞台には誰もいません。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_13

清水の舞台から京都市街方面の眺めも独占できます。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_16

別アングルの舞台。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_17

しばらくすると、後続の参拝者の方が来ましたが、この人数なら独占といっても大丈夫でしょう。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_21

下から舞台を見上げると、日中だと顔顔顔って感じですが、早朝なので顔も控えめです。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_22

音羽の瀧は本堂よりも混んでいました。お水を汲んでいく地元の方が多いのかもしれません。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_26

奥の院から本堂方面。だいぶ人が増えてきましたね。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_32

子安塔から本堂方面。紅葉の時期とは違って、桜は控えめですね。

140406-1_清水寺 Kiyomizudera_40

帰り道、仁王門の横に枝垂桜がありました。清水寺の枝垂桜はここだけでした。

清水寺、とても空いていたのでじっくり回っても1時間かかりませんでした。予想よりも早かったので、ここから蹴上インクラインに向かうことにします。


大きな地図で見る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す