デルタ航空でビジネスクラスにインボラされる方法|2014/8 サイパン#12

140810-2_DL297_6

2014年8月10日、サイパン国際空港から成田国際空港へのデルタ航空で、ビジネスクラスにインボラされました。

スポンサーリンク

インボラとは?

インボラとは、インボランタリー・アップグレード(involuntarily upgrade)の略称です。インボラとは、オーバーブッキングなど航空会社側の都合によって、座席がエコノミークラスからビジネスクラスなど、より上位のクラスに変更されることです。

今回はエコノミークラスを予約していたのですが、オーバーブッキングが理由でビジネスクラスにアップグレードされました。デルタスカイマイルのゴールドメダリオン会員で、1名での搭乗だったのが優先された要因はではないでしょうか。初めてのビジネスクラス利用です。

140810-1_Wondersea_1

この日のフライトは午後4時半頃ということで、午前中はマッサージとお土産探しに費やし、お世話になったワンダーシーにて午後ダイビングの方を見送り、空港へ。

デルタ航空 DL297 SPN-NRT (C)

140810-2_DL297_2

インボラされた座席は最前列の通路側。真っ先に搭乗できるため、コックピットのドアもオープンしていました。子どもたちはコックピットに入って、パイロットたちと記念撮影をしていました。

140810-2_DL297_7

機内食もエコノミークラスの残念な食事ではなく、きちんとした食事が出てきました。搭乗口でのインボラだったため、残念な食事を前提に空港で食事を取って失敗でした。ビジネスクラスを利用する場合、搭乗前の食事は控えめにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す