ギンガハゼに最接近できるポッテリーピナクルでダイビング|2015/4 タオ#13

150427-4_Pottery_1

2015年4月27日、タイ・タオ島のダイビングポイント・ポッテリーピナクル(Pottery Pinnacle)で潜ってきました。

タオ島での8本目、2日目の4本目のダイビングです。

スポンサーリンク

8本目:ポッテリーピナクル

ポッテリーピナクルはタオ島の西側、サムイ島へのフェリーが発着する港に近いポイントです。

ここでのメインはマクロ。黄色と黒色のギンガハゼが多いポイントで、さらにギリギリまで近づくことができるため、マクロ派ハゼ派にはたまらないポイントのようです。

僕はといいますと、今回デビューしたミラーレスカメラOM-D E-M10用のレンズはフィッシュアイレンズしか持っていなかったため、ストロボ無しのPowershot S100
での撮影となってしまいました。同じダイブサイトで10本も潜れば1本くらいはマクロになってしまいますね。

ストロボが使えなかったので、黄色も黒色もよく分かりませんが、ギンガハゼたちです。水温は29度、最大水深は10.1mです。

150427-4_Pottery_2

150427-4_Pottery_3

150427-4_Pottery_4

150427-4_Pottery_5

150427-4_Pottery_6

150427-4_Pottery_7

150427-4_Pottery_8

150427-4_Pottery_9

150427-4_Pottery_10

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す