パラオ出国時も大混雑は避けられません DL298 ROR-NRT|2015/5 パラオ#14

150506-1_DL298 ROR-NRT2

2015年5月6日、パラオ国際空港発成田国際空港行きのデルタ航空298便(DL298)で帰国しました。

今回のパラオ滞在は4泊5日と短い期間ではありましたが、中3日間でダイビング8本と充実した旅となりました。最終日はパラオ名物の早朝(夜中?)フライトです。

DL298便のパラオ出発が4時30分ということで、ホテルには2時頃にピックアップに来ます。その後30分弱のドライブでパラオ国際空港へ。

スポンサーリンク

空港は大混雑!

当然のことながら、他の利用者も同じような時間帯に集まりますので、チェックインカウンターは大混雑。エコノミーカウンターが2列、スカイプライオリティカウンターが2列ありますので、ゴールドメダリオンの方は長蛇の列を無視してスカイプライオリティカウンターに行ってしまいましょう。

ラウンジは制限エリア外にあるようですが、ゴールドメダリオンやプライオリティパスでは利用できないため、利用したことはありません。チェックイン後も出国税の支払いや出国審査、セキュリティチェックと行列は続きますので、さっさとゲートまで行ってしまったほうが良いです。

ゲートには免税店が1店舗と立ち飲み屋のような飲食店が1店舗あります。飲食店ではアルコールも販売していますが、店外で飲むことは禁止されているようなので気をつけましょう。免税店では定番のパラオタピオカクッキーを買うことができますので、買い忘れた方はここで買いましょう。

150506-1_DL298 ROR-NRT1

4時30分の離陸後、水平飛行に入ってすぐのタイミングで軽食が出てきます。軽食を食べながら朝焼けの空を見るのもいいかもしれません。

150506-1_DL298 ROR-NRT3

成田国際空港への到着は9時10分です。この時間なら成田エクスプレスでもスカイライナーでも問題なく利用できますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す