仲ノ神島(オガン)東の根でダイビング (1)|2015/5西表島#7

150531-1_オガン東の根_1

2015年5月31日、沖縄・西表島のダイビングポイント・オガン東の根で潜ってきました。

5月29日から開催されている、ダイビングチームうなりざき西表の早朝オガンダイブ。前日のチェックダイブも無事に通過し、最終日に早朝オガンダイブに参加します。

うなりざき西表ではオガンダイビングへの参加条件を設けており、初心者の方がぷらっと行けるポイントではありませんので注意してください。

うなりざきでは、安全上の理由からオガンへの参加条件を設けさせて頂いております。
ダイビング経験本数50本以上であること(推奨本数 100本)
潜降、浮上がスムーズであること
フリー潜降・中性浮力ができること

オガンご参加は2日目以降になります。
(初日は身体を窒素に慣らしていただく為にも西表周辺でお楽しみ下さい)

尚、初日にガイドさせていただいたスタッフの判断の下、ご参加を決定させていただきます。
ご了承下さい。

桟橋への集合が朝5時15分。出港までに利用ボートのトラブルがあり、ボートを乗り換えるというハプニングがありましたが、朝7時半頃に念願のオガンへエントリーしました。

スポンサーリンク

3本目:仲ノ神島(オガン)東の根

150531-1_オガン東の根_4

激流を想像していましたが、なんと流れは無し。ビルのように切り立った根の上を普通に泳ぐというダイビングになりました。流れが無いのでイソマグロも控えめで、近くに寄ってきてくれません。

150531-1_オガン東の根_2

他のポイントではなかなか見ることができない独特な根です。

150531-1_オガン東の根_3

150531-1_オガン東の根_5

イソマグロが遠い・・・

150531-1_オガン東の根_6

150531-1_オガン東の根_7

ウメイロモドキは近くまで来てくれました。

150531-1_オガン東の根_8

オガンの水温は約26度。根でイソマグロ待ちをしていると身体が冷えてくるので、根の上を泳いで身体を温めます。

150531-1_オガン東の根_9

もう一息なのですが・・・

150531-1_オガン東の根_10

ダイビング後半になって流れが強くなってきました。しかし、イソマグロは寄ってきてくれず、オガン1本目は不完全燃焼となりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す