王の浜・秋の浜・ケイカイでダイビング|2015/8伊豆大島#1

150830-1_伊豆大島・ケイカイ_3

2015年8月29日〜30日、東京・伊豆大島へダイビングに行ってきました。

スポンサーリンク

今回は大島5ダイブ&利島ドルフィンスイムの組合せ

7月の海の日3連休に引き続き、夏の伊豆大島です。今回はいつもお世話になっているAQUAVIT伊豆大島店のツアー企画「大島5ダイブ&利島ドルフィンスイム」に参加して、3日間でダイビングとドルフィンスイムの両方を楽しんできました。

伊豆大島は夏のベストシーズンということで、見どころはハンマーヘッドシャークとニタリ。ケイカイでの早朝ダイビングや秋の浜でのサンセットダイビングが狙い目です。ドルフィンスイムは平日なので、混雑とは無縁の中で楽しむことができました。

スケジュール

8月29日〜31日の3日間です。最初の2日間が伊豆大島でダイビング、最終日が利島でドルフィンスイムです。

8月29日(土)
7時50分 東京・竹芝桟橋発(ジェット船)
到着後、伊豆大島で2ダイブ(大島泊)

8月30日(日)
伊豆大島で3ダイブ(大島泊)

8月31日(月)
5時15分 伊豆大島発(大型客船)
到着後、利島でドルフィンスイム
11時50分、利島発(大型客船)

ダイビング1本目:王の浜(8月29日)

150829-1_伊豆大島・王の浜_1

伊豆大島の天気は雨。今回は5本すべてが雨の中でのダイビングとなりました。水温は25度〜26度なので、水面よりも水中のほうが暖かいような気がしました。ダイビングは3mmウェットスーツとフードベストの組合せで特に問題はありませんでした。

例によって、慣れない90mmマクロレンズで撮影の練習をしておりましたが、あまりマクロネタに出会うことはありませんでした。写真のように、レタスのような海草がたくさんあるエリアでは、フィッシュアイレンズのほうがよかったな、と思ってしまったくらいです。

ダイビング2本目:秋の浜(8月29日)

150829-2_伊豆大島・秋の浜_1

2本目はいつもの秋の浜へ。1本目と同じく90mmマクロレンズでの撮影です。マクロレンズをつけているのに、小さいものではなくご覧のとおり大きい魚(アカハタ)を撮ってしまうという、あまり意味の分からない行動を取っておりました。

ダイビング3本目:ケイカイ(8月30日)

150830-1_伊豆大島・ケイカイ_2

翌日も雨。ハンマーが出る可能性が高い場合は5時頃にエントリーするそうですが、最近はハンマーもどこかに行ってしまったということで、7時台のエントリーとなりました。90mmマクロレンズは諦め、16mmフィッシュアイレンズで潜ります。

ハンマーには出会えませんでしたが、ご覧の異常に大きいカリフラワーのようなものや、トップ画像のような魚の群れなど、充実感の高いダイビングでした。

ダイビング4本目:秋の浜(8月31日)

150830-2_伊豆大島・秋の浜_2

早朝ダイビングの後は、午前中は完全休憩タイムとなり、午後から再スタート。午後2本は秋の浜でのダイビングです。秋の浜では深場でワイドマクロ撮影の練習。深場でも外部ストロボのライティングをしっかり行うことで、ご覧の通りオレンジや紫などの色をキレイに出すことができました。

ダイビング5本目:秋の浜(8月31日)

150830-3_伊豆大島・秋の浜_1

この日の最終ダイビングは秋の浜でのニタリ狙いダイビング。16mmフィッシュアイレンズで潜っていますので、ニタリが出ても写真には残らないな、と思いながら、青い海を背景にしたキンギョハナダイを撮影。こちらもキレイに外部ストロボの光があたってくれたと思います。

撮影器材

カメラはオリンパスのミラーレスカメラ・OM-D E-M10を、レンズはパナソニックの45mm単焦点レンズをマクロ用に、同じくパナソニックの8mm単焦点レンズをワイド用に使っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す