JALの羽田発シンガポール行き深夜便で週末F1観戦|2015/9 シンガポール#1

150918_JL35 HND-SIN_8

2015年9月19日、日本航空 JL35 HND-SINに搭乗しました。

スポンサーリンク

今年もF1観戦です

2014年に引き続き、2015年もF1シンガポールGPの観戦のためシンガポールです。2014年は普通の3連休でしたが、2015年はシルバーウィークと称する5連休のため、深夜便の発着する羽田空港は大変混雑しておりました。

今回のフライトスケジュールは以下の通りです。昨年との違いは、帰りのフライトを月曜日の昼便から深夜便に変更したことです。

 行き 9月19日(土)00:05-06:15 JL35 HND-SIN
 帰り 9月22日(火)01:50-09:50 JL38 SIN-HND

JALサクララウンジ

150918_JL35 HND-SIN_2

深夜便のため、自宅にいて居眠りしてしまうと大変なことになりますので、さっさと羽田空港へ移動し、ラウンジに入ってしまいました。早めに到着したからか、いつも混雑するダイニングエリアも、この日はそれほど混雑していませんでした。

150918_JL35 HND-SIN_1

食事はもちろんJALオリジナルビーフカレーです。

搭乗口は143番ゲート

150918_JL35 HND-SIN_6

今回のシンガポール行きは友人と一緒だったのですが、友人はANA、僕はJALを利用しました。JALのほうがANAよりもゲートが遠かったです。143番ゲートは結構遠いです。ANAのほうが優遇されているのでしょうか。

日本航空 JL35 HND-SIN (Y)

150918_JL35 HND-SIN_10

JL35便はボーイング767-300での運航です。2014年と同じ機材でしたが、1つだけ違うことがありました。

150918_JL35 HND-SIN_9

それは、国際線のJAL SKY Wi-Fiに対応していたことです。今回のフライトは深夜便だったので爆睡する気満々だったのですが、機内が暑くほぼ眠れませんでしたので、暇つぶしに機内Wi-Fiを利用していました。利用したのはフライトプランのJALカード料金16.80ドルです。おかげで眠れぬ夜を退屈せずにすみました。

チャンギ国際空港に到着

150919-1_Changi Airport_1

早朝にシンガポールに到着し、ANA便で到着する友人と合流するためにターミナル2へ向かいます。JALはターミナル1で、入国してしまうと合流しづらそうだったので、入国前に移動してしまいました。

シンガポールへの旅情報

シンガポールへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す