シンガポールで唯一ポイ捨てが認められているロングバー|2015/9 シンガポール#5

150921-1_The Long Bar_1

2015年9月21日、シンガポールのラッフルズシンガポール(Raffles Singapore)にあるロングバー(Long Bar)に行ってきました。

スポンサーリンク

シンガポールスリング発祥の地

150921-1_The Long Bar_2

前年に引き続き、シンガポールスリング発祥の地であるロングバーに行ってまいりました。いつもと変わらない、アルコール度数が高めで甘いシンガポールスリングと、殻付きピーナッツを食べるお昼時です。

シンガポールスリングは、1915年にここロングバーにて、バーテンダー嚴崇文(Ngiam Tong Boon)が生み出したカクテルです。現在はどこのバーに行っても飲むことができるようになりましたね。

ここではピーナッツの殻のポイ捨てが認められていますが、シンガポールで唯一「ポイ捨て」が認められている場所です。他のお店や外でポイ捨てをすると罰金を課されますので、絶対に行わないようにしましょう。

営業時間は以下の通りです。

 日〜木曜日:11時〜24時30分
 金・土曜日:11時〜25時30分

アクセス

ラッフルズシンガポールの2階にあります。

ホームページ

シンガポールへの旅情報

シンガポールへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す