標高1200mで雲海が見える十勝岳温泉カミホロ荘|2015/10 美瑛#14

151004-5_十勝岳温泉_3

2015年10月4日、北海道・上富良野の十勝岳温泉カミホロ荘へ行ってきました。

スポンサーリンク

道路の終点はなんと積雪

千望峠から車を走らすこと約30分、十勝岳温泉地区にやってまいりました。当初は道路の終点にある凌雲閣に行く予定だったのですが、周辺が積雪しておりノーマルタイヤだったため、安全を考えて積雪の無い十勝岳温泉カミホロ荘まで下りてまいりました。

十勝岳温泉カミホロ荘は、北海道・大雪山国立公園十勝岳温泉郷にあり、標高は1,200mで雲海が見える露天風呂が有名です。この日は昼前の到着だったため、雲海を見ることはできませんでしたが、寒い中入る露天風呂はなかなか快適でした。

内風呂には、洗い場が8箇所、サウナ、水風呂等があります。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ドライヤーなど、必要なものは用意されています。

日帰り入浴料は大人600円で、入浴時間は7時〜21時です。

カミホロ荘へのアクセス

JR上富良野駅からは車で約20分、旭川空港からは車で約50分です。10月以降はノーマルタイヤではなくスタッドレスタイヤでの訪問をオススメします。

カミホロ荘のホームページ

北海道・美瑛への旅情報

北海道・美瑛への旅情報はこちらにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す