マイナンバーカードの受取は自宅への再配達か他郵便局での受取がオススメ

Untitled

東京・蒲田の蒲田郵便局へ郵便物を出しに行ってきたところ、ゆうゆう窓口が大行列でした。

スポンサーリンク

大行列の大半がマイナンバーカードの受取

大行列の原因は現在配達中のマイナンバーカード。蒲田では11月後半から配達が始まったようですが、12月に入ってからがピークになっているようです。建物の外からでも見えるくらいの大行列でした。

蒲田郵便局にはゆうゆう窓口という、いわゆる時間外窓口が設けられています。ゆうゆう窓口は主に保管郵便物の受け渡し窓口なのですが、通常窓口が営業していない時間帯は郵便物の発送やはがき・切手などの購入も可能なので、大変便利な窓口です。

マイナンバーカードの受取はこのゆうゆう窓口に並ぶわけですが、通常の書留類の受け渡しよりも厳しいセキュリティ管理で行われていました。書留の場合は、受付時に本人確認を行った上で受け渡しです。しかし、マイナンバーカードの場合は、受付時の本人確認が終了後に番号札が配布され、その番号が呼ばれたら再度本人確認を行った上で受け渡しをしていました。

普段の2倍の工数がかかっていますので、当然のことながら普段の2倍の時間がかかります。さらに普段よりも来局者数が多いので、待ち時間は相当なものになるでしょう。僕のように郵便物を発送するだけの人も、まずは同じ列に並ばなければなりませんので、待つのも大変です。

自宅への再配達が一番オススメです

一番便利なのはやはり自宅への再配達でしょう。指定時間に在宅する必要はありますが、本人確認などのプロセスは通常の書留と変わらないので、最も楽だと思います。

ただ、どうしても自宅では受け取れない人は、ゆうゆう窓口ではなく小さな郵便局に転送して受け取る方法もオススメです。例えば、勤務先近くの郵便局に転送してもらい、そこで受け取ります。おそらく平日日勤帯しか窓口は開いていないと思いますが、ゆうゆう窓口と比べると混雑度は低いと思います。

僕のように郵便物の発送をしたいだけの人も、平日日勤帯に郵便窓口で発送をするのが一番便利です。郵便窓口は、貯金窓口と比べるとそれほど混雑していないところが多いので、便利に活用できるといいですね。

全国の郵便局はこちらから検索できます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す