ルンバ885「お部屋ナビ」のライトハウスモード機能を利用した

151228_ルンバ

アイロボット ファンクラブで体験モニターに当選したルンバ885お部屋ナビを使ってライトハウスモード機能を利用しています。

スポンサーリンク

ライトハウスモード機能とは?

ルンバ885に付属するお部屋ナビには、バーチャルウォール機能とライトハウスモード機能の2つの機能があります。バーチャルウォール機能は、その名前の通り見えない壁を作ることにより、ルンバの進入を防止する機能です。ルンバに入ってほしくない場所や、ルンバが落ちてしまうと困る場所に設置すると、その効力を発揮します。

バーチャルウォール機能と比べると、ちょっと分かりにくいのがライトハウスモード機能。ライトハウスモード機能を使うことで、複数の部屋を順番に効率よく掃除してくれます。

掃除する部屋が一部屋の場合は全く意味が無い機能ですが、二部屋以上の場合は、部屋の境界線に設置することにより、ルンバが部屋の境目を認識します。その認識により、ルンバはまず一つ目の部屋を最長25分間掃除し、その後2つ目の部屋に移動し最長25分掃除します。

なお、ライトハウスモード機能を利用しない場合は掃除ができないというわけではありません。その場合、ルンバは2つの部屋を大きな1つの部屋と認識し、両方の部屋を行ったり戻ったりしながら掃除をします。

どちらの掃除パターンがよいかは人それぞれですが、ライトハウスモード機能を使って部屋を区切ったほうが、効率がよくよりキレイに掃除ができるとされています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す