タイ国際航空 TG250 KBV-BKK 〜 TG640 BKK-NRT|2015/11 ランタ島#10

151128-3_TG250 KBV-BKK_1

2015年11月28日、タイ国際航空 TG250便(クラビ〜バンコク・スワンナプーム)とTG640便(バンコク・スワンナプーム〜東京・成田)に搭乗しました。最終日の15時にリゾートをピックアップ。行きと同様、2回のフェリーを乗り継ぎ、2時間かけてクラビ国際空港に向かいます。

スポンサーリンク

TG250 KBV-BKK (Y)

151128-3_TG250 KBV-BKK_3

クラビ国際空港に到着後、チェックインカウンターに向かいます。入口を入って左側にタイ国際航空のチェックインカウンターがあります。

151128-3_TG250 KBV-BKK_4

それなりに並びますが、カウンター数も多いのでそれほど時間はかかりません。クラビ〜バンコクの国内線区間だけでなく、バンコク〜成田の国際線区間も同時にチェックインします。

国際線チェックイン済みを示すCIQというステッカーを胸に貼りますが、これが毎回剥がれてしまい困っています。このステッカーが貼られた乗客は、バンコクでの乗り継ぎ時のパスポートチェックがやや簡略化されます。

151128-3_TG250 KBV-BKK_6

搭乗待合室には、コーヒーショップやギフトショップが数店舗ある程度。食事をとれるようなレストランは無く、カップ麺を食べている乗客もいるくらいです。

利用機材はエアバスA330-300です。

TG640 BKK-NRT (Y)

151128-4_TG640 BKK-NRT_1

バンコク・スワンナプーム国際空港での乗り継ぎは、行きと同様に空港の端から端までを歩きます。今回はゲートのあるフロアの1つ上のフロア、免税店やレストランがあるエリアを歩いてゲートに向かいます。

151128-4_TG640 BKK-NRT_2

タイのフラッグシップキャリアでも、ボーディングブリッジでの搭乗ではなく沖止め。それも機材は国内線ゲート近くの駐機場に。端から端まで空港内を歩いたのが虚しくなります。。

151128-4_TG640 BKK-NRT_3

帰りの国際線はジャンボではなくエアバスA330-300。窓側の2人席を事前座席指定できたので、快適に過ごすことができました。

151128-4_TG640 BKK-NRT_5

最後までほとんど食べることがなかった、タイ国際航空の機内食。今回はクロワッサンとコーヒーだけでしたね。。

Flickrアルバム

151128-3_TG250 KBV-BKK

151128-4_TG640 BKK-NRT

タイ・ランタ島への旅情報

タイ・ランタ島への旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す