北海道で初スキー|魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記モニター

151213-3_ニセコグランヒラフ_6

茨城空港利用促進等協議会が企画する「魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記モニター」を利用して、北海道・ニセコ町に行ってきました。

スポンサーリンク

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記モニターとは?

魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記モニターとは、茨城空港からの旅のすばらしさを多くの方に知っていただくために、茨城県が実施しているキャンペーン。茨城空港から、国内線は札幌・神戸・福岡・那覇、国際線は上海と深センの中から渡航先を選ぶことができます。

僕が選んだ渡航先は札幌。一番行きたかったところは冬の美瑛町だったのですが、札幌からはかなり距離があるため、ニセコでシーズン初滑りをすることに。2015-2016シーズン初滑りであるだけでなく、北海道での初滑りです。

1日目:2015年12月12日(土)

151212-1_関東鉄道高速バス_1

旅は東京駅八重洲口を7:10に出発する、茨城空港行きの空港バスからスタート。1時間40分の旅ですが、運賃は500円と激安です。早朝便でしたのでバスの中では完全に爆睡し、起きたら茨城空港でした。

151212-2_BC791 IBR-CTS_7

8:50に茨城空港に到着。9:25の札幌・新千歳行きのスカイマーク BC791便に搭乗します。茨城空港ではボーディングブリッジではなくタラップによる搭乗です。35分前の到着でしたが、こじんまりとした空港ですのでまったく問題はありませんでした。

151212-3_函太郎_3

10:44に新千歳空港に到着。朝が早かったので、スキーバスの出発までの間、函太郎という回転寿司でランチです。函太郎がオープンする前は根室花まるが入っていた場所のようです。

151212-4_ホワイトライナー_5

スキーバスは12:30に出発。空路よりも長い3時間15分の長旅です。乗客のほとんどが中国人・韓国人でした。バスにトイレはありませんので、途中に1度トイレ休憩があります。

151212-5_コットンファーム_1

15:45に宿泊先であるペンション・コットンファームに到着。日はすでに傾きつつありますが、ナイターに向けて準備をします。ナイター券を含むリフト券は、ペンションで割引券がありますので、オーナーさんに声をかけてください。

151212-6_ニセコアンヌプリ_1

17:00より、ニセコアンヌプリ国際スキー場にてシーズンイン。今シーズンのシーズンインは北海道、さらにはナイターという、過去にないスタートです。雪不足のためバーンは硬めですが、シーズンインのため苦にならない硬さです。

2日目:2015年12月13日(日)

151213-1_ニセコアンヌプリ_3

2日目はニセコオールマウンテンのリフト券を購入し、全山制覇を狙います。まずは宿泊先に最寄りのニセコアンヌプリ国際スキー場でファーストトラックです。前日からの降雪はありませんので、ファーストトラックといってもパウダーではなく圧雪かつ硬いバーンです。

151213-3_ニセコグランヒラフ_6

雪不足のため山頂リフトは運転していませんでしたので、山麓をバス移動してヒルトンニセコビレッジへ。ニセコゴンドラに乗車して、ニセコグラン・ヒラフスキー場へ移動します。羊蹄山がキレイです。

151213-4_ニセコハナゾノ_2

ヒラフからニセコHANAZONOスキー場まで一気に降りていきます。降りていくに連れてだんだん春のような暖かさになり、麓では汗をかくくらいです。硬い緩斜面かコブの中斜面という、究極の選択を迫られるコースです。山麓のレストハウスでランチを頂きます。

151213-6_ニセコビレッジ_4

HANAZONOまで降りた後、再びヒラフへ。ヒラフの上部の雪が一番良かったので、ヒラフの適度な斜面を満喫した後は、夕日を浴びながらニセコビレッジスキー場へ向けて降りていきます。リフト運転開始から運転終了まで滑ったのは何年ぶりでしょうか。

3日目:2015年12月14日(月)

151214-1_ニセコアンヌプリ_4

最終日はスキーバスの都合で朝イチ一本勝負。ニセコアンヌプリ国際スキー場のトップからファーストトラックです。3日間降雪無しでしたので、当然のことながら3日間で一番硬い斜面です。

151214-2_ホワイトライナー_6

10:15発のスキーバスで新千歳空港へ向けて帰路につきます。行きは大型バスでしたが、帰りは大型ワゴンでした。人数が少ないとはいえ、あまり快適ではないバスでちょっと残念。

151214-3_新千歳空港温泉_5

13:00に新千歳空港に到着。フライトは17時過ぎですので、新千歳空港の4階にある新千歳空港温泉でリラックス。温泉、マッサージチェア、リラックスルームで休養です。フライト前にひとっ風呂浴びることができるのは最高です。

151214-4_スーパーラウンジ_4

温泉の後は、空港ラウンジ・スーパーラウンジでこれまたのんびり。JALのサクララウンジが工事中だからからなのか、かなり混雑していました。カードラウンジですが、入場料を支払えば一般の方も利用することができます。

151214-6_BC794 CTS-IBR_6

帰路のスカイマーク BC794便は17:11発。18:24に茨城空港に到着し、行きと同じくタラップを降りて、徒歩でターミナルに向かいます。東京駅行きの空港バス出発までは2時間強ありますので、ターミナルで夕食です。食事処やコーヒーショップ、ギフトショップ等は充実しています。

151214-7_関東鉄道高速バス_3

東京駅行きの空港バスは20:40発。平日の夜だったからか利用客は少なめ。空港周辺の実家に帰省して東京に帰ると思われる利用客が何人かいらっしゃいました。東京駅八重洲北口に22:10に到着し、今回の旅が終わりました。

北海道・ニセコへの旅情報

北海道・ニセコへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す