ニセコアンヌプリ国際〜グラン・ヒラフ〜HANAZONO〜ビレッジ (2015/12/13)|2015/12 ニセコ#7

151213-5_ニセコグランヒラフ_4

2015年12月13日、北海道・ニセコ町のニセコアンヌプリ国際スキー場ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフニセコHANAZONOリゾートニセコビレッジに行ってきました。

スポンサーリンク

ニセコ2日目はオールマウンテン

ニセコ2日目。この日はニセコオールマウンテンを滑ることができるリフト券を購入し、西はアンヌプリから東はHANAZONOまで一気に滑る計画です。

ニセコアンヌプリ国際スキー場

151213-1_ニセコアンヌプリ_1

まずは宿に近いアンヌプリへ。この日は朝からアンヌプリゴンドラが運転していましたので、一気にゴンドラトップまで向かいます。

151213-1_ニセコアンヌプリ_3

ゴンドラトップからは、中斜面のユートピアコースとそれに続く白樺コースを滑ることが可能。白樺コースを終えると、ナイターでも滑ることが可能なファミリーコース、パラダイスコース、ジュニアコースに続いていきます。

雪不足のため、一部のコースしか開いていませんので、ゴンドラ2本でアンヌプリを制覇してしまいました。

ニセコゴンドラ

151213-2_ニセコゴンドラ

雪がある時は、ゴンドラトップからもう一つリフトを上がれば、隣のニセコビレッジスキー場に移動できますが、雪不足のため山麓でのバス移動です。ヌックアンヌプリ前で乗車して、ヒルトンニセコビレッジで下車。ニセコゴンドラで一気に上がって、ヒラフエリアへ向かいます。それにしても雪が無いですね。。

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

151213-3_ニセコグランヒラフ_2

ニセコゴンドラを下車後、ヒラフエリアまでは歩いての移動です。ビレッジからヒラフ方面は若干の上り。スキーヤーもスキーを担いでの移動です。

151213-3_ニセコグランヒラフ_5

まずは白樺コース。最大20度、平均13度、945mの緩斜面からスタートです。羊蹄山を正面に見ながらの滑走です。

151213-3_ニセコグランヒラフ_6

エース第3ペアリフトを登って、次はセンターコース。最大25度、平均12度、900mの中級者コース。途中、初級者用迂回路を経由して隣のリフトへ移動します。

151213-3_ニセコグランヒラフ_8

キング第3トリプルを登って、ジャンボコースへ。ジャンボコースは最大34度、平均17度、1,200mという滑りごたえのある斜面ですが、途中からはびっくりするくらいのコブ斜面が登場します。

ジャンボコースの途中を左に曲がるとパラレルコースに入り、HANAZONOエリアに入っていきます。

ニセコHANAZONOリゾート

151213-4_ニセコハナゾノ_1

パラレルコースの終点では、中斜面のクリスタルガーデンと緩斜面のシルバードリームに分岐します。写真はクリスタルガーデン。最大17度、平均7度、1,047mと、ぶっ飛ばすのにはいい斜面です。

151213-4_ニセコハナゾノ_3

そして、ステアウェイ・トゥ・ヘブンという、やや縁起でも無いコースへ。最大26度、平均11度、1,506mという斜面ですが、見事に春スキーのようなコブ斜面でした。。

151213-4_ニセコハナゾノ_5

ランチはHANAZONOエリアの山麓にあるHANAZONO308にて。山麓では外国人向けの講習が賑わっていました。

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

151213-5_ニセコグランヒラフ_4

HANAZONOエリアの雪質は春スキーのようでしたので、花園第1クワッド、第2クワッド、第3クワッドを経由して再びヒラフエリアへ。ジャンボコースと林間コースのコブコブではない斜面を選んで滑ります。キング第3トリプルをぐるぐる回す感じです。

151213-5_ニセコグランヒラフ_7

リフトトップからニセコビレッジに移動するつもりが、キング第3トリプルトップからエース第3ペア方面に戻れないことが判明。仕方なしにゲレンデベースまで降りることに。ホリデーコースという緩斜面しかオープンしていませんでした。最大19度、平均9度、2,883mというロングコースです。

151213-5_ニセコグランヒラフ_9

ホリデーコースは望羊コースという、これまた緩斜面に連絡しゲレンデベースへ。最大20度、平均11度、700mの斜面です。

151213-5_ニセコグランヒラフ_10

いいタイミングで山麓バスが到着し、再びニセコゴンドラ経由でヒラフエリアの西側にある林間コースと白樺コースへ。ニセコビレッジへの連絡コースがクローズするまではエース第3ペアを回していました。

ニセコビレッジ

151213-6_ニセコビレッジ_1

最後はニセコビレッジをゴンドラトップから滑り降ります。だべさ、なまら、ばんざい、シェイキーニーズ、ファイナルフリングという5つのコースを続けていきます。

151213-6_ニセコビレッジ_2

だべさのスタート地点付近にある看板。だべさは看板に向かって右ですが、分かりにくいのか、外国人の方が迷っていました。

151213-6_ニセコビレッジ_4

だべさは最大26度、平均8度の緩斜面。一部斜度感があるところがありますが、一気に滑り降りてしまいましょう。

151213-6_ニセコビレッジ_7

なまらは最大27度、平均18度、650mの中斜面。このあたりから雪質も悪くなってきて、足腰に負担がかかり始めます。

151213-6_ニセコビレッジ_8

ばんざい、シェイキーニーズ、ファイナルフリングはヒルトンニセコビレッジに行くための連絡コースのような感じ。ばんざいは最大15度、平均7度、950mの緩斜面、シェイキーニーズとファイナルフリングは最大9度、平均4度、650mの超緩斜面です。

151213-6_ニセコビレッジ_10

無事に下山、お疲れさまでした。朝一番のゴンドラから最終リフトまで滑ったのは何年ぶりでしょうか。

アクセス

ホームページ

Flickrアルバム

151213-1_ニセコアンヌプリ

ニセコアンヌプリ国際スキー場。

151213-3_ニセコグランヒラフ

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ(午前)。

151213-4_ニセコハナゾノ

ニセコHANAZONOリゾート。

151213-5_ニセコグランヒラフ

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ(午後)。

151213-6_ニセコビレッジ

ニセコビレッジ。

北海道・ニセコへの旅情報

北海道・ニセコへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す