ペリリューコーナーでダイビング (2015/12/30)|2015-2016 年末年始ペリリュー#3

151230-3_Peleliu Express_7

2015年12月30日、パラオ・ペリリュー島でのダイビングが始まりました。

スポンサーリンク

初日は3本

ペリリュー島北の港に到着後、ダイビングショップ・OMZへ移動。ダイビングに不要な荷物を置いて、早速南の港・キャンベックに向かいます。

この日の水温は28度台。たまに冷たい潮が入ってきますが、ダイビング時間は30分前後ですので、3mmウェットが一番快適に潜れそうです。

今回の滞在中に潜ったポイントは3箇所。ペリリューコーナーと呼ばれるリーフの先端、コーナーの東側にあるペリリューエクスプレス、コーナーの西側にあるペリリューカットです。流れに応じてエントリーポイントが変わります。

1本目:ペリリューエクスプレス

151230-2_Peleliu Express_3

記念すべきペリリュー島での1本目。しかし、ロウニンアジどころか魚群は何も現れず、予想外のスカに。。「ペリリュー島でもスカってあるんですねえ」と皆で笑って話す有様です。チェックダイブにはピッタリのダイビングですね。

2本目:ペリリューエクスプレス

151230-3_Peleliu Express_6

2本目。ガイドの加藤さんは2連続のスカをなんとしても避けなければいけないと、やや緊張気味。2本目はきちんとロウニンアジの群れが現れます。

フィッシュアイレンズなのでもう少し寄りたいところですが、気を抜くとリーフから一気に持って行かれてしまうので、気をつけながらのダイビングです。まだ初日ですしね。

3本目:ペリリューコーナー

151230-4_Peleliu Corner_5

3本目は加藤さん曰く「テッパンの流れ」。エクスプレスからカットへ流れる場合、リーフの先端近くに必ずロウニンアジの群れがいる模様。

リーフの上でエントリーして、エクスプレスからの流れに乗ってリーフの影に隠れる。そして、先端方向へ向かえば「ほらいました」という流れ。

初日ということもあり、3本目はかなり疲れてしまいましたが、翌日からはもっと楽しめそうです。

パラオ・ペリリューへの旅情報

パラオ・ペリリューへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す