ペリリューコーナーでダイビング (2016/1/1)|2015-2016 年末年始ペリリュー#5

160101-1_Peleliu Corner_11

2016年1月1日、パラオ・ペリリュー島で潜り初めです。

スポンサーリンク

2016年初潜りはペリリューで

2016年初潜りはペリリューで。2013年は30本、2014年は58本、そして2015年は83本。2016年は何本まで行くでしょうか。

水温は前日と同じく27〜28度。潮の流れも、1本目と4本目がエクスプレスから流れるいわゆるテッパンの流れで、2本目と3本目が逆の流れです。

1本目:ペリリューコーナー

160101-1_Peleliu Corner_4

2016年の記念すべき1本目。3回の早朝ダイビングの中では、ロウニンアジの群れは一番でした。テッパンの流れだと、リーフのエッジに到着したらすぐにロウニンアジの群れに会えますので、落ち着いてダイビングすることができますね。

2本目:ペリリューカットからコーナー

160101-2_Peleliu Cut to Corner_3

2本目はカットから流れるいわゆるガイド泣かせの流れ。ペリリューカットをドリフトし、切れ目の部分に大量に群れるギンガメアジを鑑賞します。ギンガメアジの個体は若干小さめですが、その群れは圧巻です。

3本目:ペリリューカットからコーナー

160101-3_Peleliu Cut to Corner_3

3本目もいわゆるガイド泣かせの流れ。再び切れ目の部分に大量に群れるギンガメアジを鑑賞します。他のダイビングスポットでは主役を張れるギンガメアジが、ここでは脇役になってしまいます。

4本目:ペリリューコーナー

160101-4_Peleliu Corner_6

そして、この日最後のダイビング。エクスプレスからテッパンの流れが入り、早朝以来のロウニンアジです。翌日の早朝ダイビング1本でペリリュー島でのダイビングが終わりということもあり、余力を残さずに群れに突っ込んでいきます。

パラオ・ペリリューへの旅情報

パラオ・ペリリューへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す