トカラ列島・口之島の民宿なかむら|2016/1 口之島#2

160109-1_民宿なかむら_1

2016年1月9日〜11日、鹿児島県トカラ列島・口之島の民宿なかむらに宿泊しました。

スポンサーリンク

ダイビングショップへもボートへも徒歩1分!

2015年12月に新築開業した民宿なかむら。これまでの口之島でのダイビングでは集落にあるふじ荘に泊まっていましたが、今回からは民宿なかむらに変わります。

メリットはやはり港に近いこと。民宿自体が海沿いに建っているため、ダイビングショップまで徒歩1分、ボートまでも徒歩1分です。もちろん、フェリーとしまが発着する港までも徒歩で移動できます。

それに対して、ふじ荘滞在時は徒歩で行くことができた売店へは車が必要に。口之島ダイビングサービス号が民宿に常駐していますので、免許を持っていればそれを利用することができます。

写真の一部は、同じダイビングツアーに参加されていたゲストさんからご提供頂いております。

室内編

160109-1_民宿なかむら_13

玄関を入って左側がフロント。向かって右側には2〜3名部屋が4つ、3〜4名部屋が1つ、男女別のバスルームがあります。向かって左側には5〜6名部屋が1つ、ランドリー、トイレ、ダイニングルーム、キッチンがあります。突き当りが勝手口です。

160109-1_民宿なかむら_14

玄関を入ってすぐ右側にあるのが3〜4名部屋。角部屋ですので、2面からの採光で明るいです。右側にある部屋はすべてオーシャンフロントです。

160109-1_民宿なかむら_18

バスルームは洗い場が2つ。湯船と洗い場をうまく分担すれば最大4名が同時に入れそうです。シャンプー、リンス、ボディソープ常備です。

160109-1_民宿なかむら_17

洗面&ランドリーエリア。洗面台が2つ、洗濯機が1つ、乾燥機が1つあり、自由に使うことができます。また、今回のダイビングツアーに参加したゲストからの新築祝いである脱水機もおそらくここに設置されるでしょう。

160109-1_民宿なかむら_16

ランドリーエリアの奥がトイレ。男性専用、男女共用、女性専用の3つ。ウォッシュレット完備です。

160109-1_民宿なかむら_15

ダイニングルームはテーブルが2つ。すべての食事をこのダイニングルームで頂きますので、弁当ではなく温かいご飯を食べることができます。ご飯の前にバスルームで温かいシャワーを浴びれば、ダイビングクルーズのような生活になります。

コーヒーメーカーとウォータークーラーがありますので、僕のようなコーヒー中毒でもOKです。ビールは有料で購入することができますし、おつまみはゲストが大量に持ってくることが多いです。

食事編

朝食

160109-1_民宿なかむら_20

160109-1_民宿なかむら_21

朝食はご飯、みそ汁、卵料理、漬物の組合せ。ご飯とみそ汁はお代わりできます。納豆好きの人には納豆もあります。

昼食

160109-1_民宿なかむら_2

160109-1_民宿なかむら_12

ふじ荘時代の昼食は、フェリー到着日は弁当、フェリー出発日はカレーライスでした。民宿なかむらでも、フェリー出発日はカレーライスが登場。ふじ荘時代を引き継いだのでしょうか。

夕食

160109-1_民宿なかむら_19

160109-1_民宿なかむら_7

通常の夕食の場合は、ご飯、みそ汁、おかず2品、刺身の組合せ。しかし、宴会の時は船長が釣った魚や、船長が素潜りで獲ってきたイセエビが出てくるかもしれません。

鹿児島への旅情報

鹿児島への旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す