パラオ・ペリリュー島でダイビング (2016/2/24)|2016/2 ペリリュー#2

160224-3_Peleliu Express_7

2016年2月24日、前日に引き続きパラオ・ペリリュー島でダイビングです。この日から1日4ダイブが続きます。

スポンサーリンク

1本目:ペリリューエクスプレス

160224-1_Peleliu Express_2

前日はペリリューカットからコーナーへの流れでしたが、この日はペリリューエクスプレスからの流れ。エクスプレスからの流れの時はロウニンアジとの遭遇率が上がります。

ただ、早朝ダイビングにしては群れが小さめ。年末年始と比べると、早朝ダイビングでの爆発率は控えめな感じです。

2本目:ペリリューエクスプレス

160224-2_Peleliu Express_4

2本目でもロウニンアジには遭遇していますが、ペリリューでは脇役感が強いバラクーダの群れに遭遇。ブルーコーナーの沖合いでは大人気のブラックフィンバラクーダでありますが、ここペリリューではあまり相手にされず可哀想な気がします。

3本目:ペリリューエクスプレス

160224-3_Peleliu Express_6

3本目からはロウニンアジの群れが大きくなっています。ダイビング2日目で慣れてきているのもありますが、群れへの寄り方も覚えてきて、フラッシュの当たるギリギリまで近寄ることができます。深度もギリギリですw

4本目:ペリリューコーナー

160224-4_Peleliu Corner_5

鉄板の流れなので棚上からのエントリー。ロウニンアジの群れもこの日一番と思われるほど。ロウニンアジをギリギリまで呼び寄せ、最後に群れに突っ込む一瞬が快感になりつつ有ります。深度とダウンカレントには十分気をつけましょう。

夕食

160223-4_OMZ_3

今宵の夕食は鍋。暑いパラオでなぜ熱い鍋と思われるかもしれませんが、朝晩のペリリューはとても涼しく、なぜか温かいものを身体が求めるのであります。

パラオ・ペリリューへの旅情報

パラオ・ペリリューへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す