パラオ・ペリリュー島でダイビング (2016/2/25)|2016/2 ペリリュー#3

160225-4_Peleliu Express_8

2016年2月25日、パラオ・ペリリュー島でのダイビング3日目です。

スポンサーリンク

1本目:ペリリューカットからコーナー

160225-1_Peleliu Cut to Corner_1

この日も早朝から4本です。この日の早朝ダイビングはペリリューカットからの流れが入り、水温が一気に24度まで下がります。カットからの流れが入った場合は水温が下がりやすいようです。3mmウェットスーツなので、じっとしていたら寒い水温ですが、ここペリリューでは泳ぎまくりますので、24度くらいでは寒さを感じることはありません。

2本目:ペリリューカットからコーナー

160225-2_Peleliu Cut to Corner_3

2本目からの水温は26度に戻ります。戻ったとはいえ、パラオにしては低い水温が続きます。ペリリューカットからコーナーへ潜る時にロウニンアジを捕まえるのはなかなか難しく、カットにいるギンガメアジの大群を楽しみつつ、ロウニンアジを探します。

3本目:ペリリューエクスプレス

160225-3_Peleliu Express_8

3本目からは流れが変わりエクスプレスからのエントリー。エクスプレスからエントリーする場合、しばらく泳ぐと左手にロウニンアジが登場するケースが多いです。巨大なフロートを打ち上げると、ロウニンアジが警戒して動きを変えてきます。

4本目:ペリリューエクスプレス

160225-4_Peleliu Express_6

4本目もペリリューエクスプレス。ロウニンアジの群れはこの日一番。エクスプレスからのエントリーだとロウニンアジが出やすく、深度も下がりがちですので、DECOには気をつけましょう。

動画

夕食

160223-4_OMZ_4

この日からOMZ宿泊者は僕だけになったからか、食事もカレーと中華丼という不思議な組合せになっています。

パラオ・ペリリューへの旅情報

パラオ・ペリリューへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す