パラオ・ペリリュー島でダイビング (2016/3/8)|2016/3 ペリリュー#5

160308-3_Peleliu Express-1.jpg

2016年3月8日、パラオ・ペリリュー島でのダイビング5日目です。5日目にしてペリリューらしい海が蘇ってきましたよ。

スポンサーリンク

1本目:ペリリューカットからコーナー

160308-1_Peleliu Cut to Corner-2.jpg

早朝ダイビングが不発なのは相変わらず。この日から韓国人ダイバーの女性が参加、サイドマウントです。2015年GWのデイドリームでの早朝ダイビングでガイドがやっているのは見たことがありますが、ゲストが使っているのを見るのは今回が初めてです。不思議な感じですね。

2本目:ペリリューカットからコーナー

160308-2_Peleliu Cut to Corner-1.jpg

2本目のカットの水温はなんと20.4度。コンピューター上では一時的に19度台まで下がっています。3mmウェットで潜る水温では無いですね。さらに、ここまで下がると透明度も落ち、修行のようなダイビングになります。浮上時のダウンカレントも今滞在一番で、泡まみれになりながら浮上していきます。

3本目:ペリリューエクスプレス

160308-4_Peleliu Corner-3.jpg

3本目はエクスプレス。冒頭画像のミカヅキツバメウオも登場したのはこの3本目。ミカヅキツバメウオのゴールドとロウニンアジのシルバーのコラボも美しいです。ミカヅキツバメウオといえばブルシャーク、動画もぜひ見てくださいね。

4本目:ペリリューコーナー

160308-4_Peleliu Corner-2.jpg

4本目は今滞在初めての鉄板の流れ、ペリリューコーナー棚上からのエントリーです。ゲストのレベルが揃わない場合はカットから入りますが、揃えば棚上から入って、エッジまで一気に流されて行き、すっと隠れる手順です。この流れの時は100%ロウニンリバーに遭遇できるとのことで、あっという間に今滞在最高レベルのロウニンリバーに遭遇です。鉄板の時は泳ぐ距離も短いので楽ですね。

夕食

160304-4_OMZ-8.jpg

この日の夕食はガイド2人、ゲスト3人の合計5人。刺身をしゃぶしゃぶしながら、翌日の最終日のためにエネルギーを補給します。

One More Thing…

160304-4_OMZ-9.jpg

カープアイランドリゾートで調理人をされているコーヘイさん。時にカヤックでペリリュー島にも訪れるそうです。

動画

パラオ・ペリリューへの旅情報

パラオ・ペリリューへの旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す