秋の京都 (2016/11/21)

20161121-_DSC1897.jpg

2016年11月21日、秋の京都へ紅葉狩りに行ってきました。

スポンサーリンク

鹿児島発伊丹経由京都入り

前日までの週末、鹿児島県薩摩硫黄島でダイビングをしていたこともあり、いつもののぞみ99号ではなく変則的に京都に入ります。朝一番のNH542便で鹿児島から伊丹に移動、空港バスに乗り換えて午前10時に京都に到着です。さらに今回は日帰りと、なかなかハードトリップです。

永観堂

20161121-_DSC1813.jpg

1日しかありませんので、あまり遠出はせずに東山エリアの定番を回ることにして、まずは永観堂です。もみじの永観堂と呼ばれるだけあり、拝観料は高額にも関わらず拝観客も多いです。しかし、寺院の敷地がものすごく広いので、敷地内でうまく分散されるのと、拝観ルートが効率化されているので、お詣りから紅葉まで一通りスムーズに進むことができます。

南禅院

20161121-_DSC1907.jpg

永観堂の隣にある南禅寺。その中の南禅院と南禅寺天授庵を続けてまわります。どちらも永観堂と比べると喧騒とは無縁、タイミングによっては額縁紅葉を独り占めできる時もあります。額縁もみじを狙う場合は広角から中望遠までをカバーできるレンズが必須ですね。

南禅寺天授庵

20161121-_DSC1911.jpg

南禅寺天授庵は幅広な額縁もみじ。幅広なせいか、自然光が南禅院よりも入ってくるため、赤絨毯や畳、柱への光の当たり方がよりナチュラルに感じられます。

圓徳院

20161121-_DSC1950.jpg

南禅寺からは平安神宮、八坂神社を経由して圓徳院・高台寺へ向かいます。圓徳院のアメリカン・エキスプレス「京都特別観光ラウンジ」で休憩した後の参拝です。ラウンジで休憩後は、裏口のようなところから圓徳院の本来の拝観ルートに合流します。このエリアまで来ると平日でも拝観客は多いですね。

高台寺

20161121-_DSC1985.jpg

最後は高台寺。10時〜16時という短い時間だと駆け足かつ効率的に訪問先を選んでも午前2箇所午後2箇所くらいが限界ですね。高台寺の紅葉は思っていたよりは見頃ではなく、着物姿の若いカップルと紅葉という、京都っぽい構図の写真を撮れました。

2017年は日帰りではなく1泊2日、通常通りの京都トリップを予定しています。

京都への旅情報

京都への旅情報はこちらのページにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す