映画「ツリー・オブ・ライフ」ブロガー限定試写会に行ってきました

Fans:Fansにて映画「ツリー・オブ・ライフ」ブロガー限定試写会に当選したので観に行ってきました。

110805treeoflife

以降は映画の感想ですが、ネタバレのおそれがありますので、映画を観る予定の方はご自身の判断でお読みください。


この作品は、今年5月に開催された第64回カンヌ国際映画祭にて最高賞であるパルムドールを受賞したそうです。なんだかよく分かりませんが、最高賞を受賞したということは面白い映画なのかなと思い、今回の試写会に行ってきました。

映画は前半と後半で全然違いました。僕自身は前半は退屈だったのですが、後半は引き込まれるものを感じました。

公式サイトには以下のストーリーが書かれていますが、これを前提に映画を観ると撃沈するおそれがあります。映画を観てからこのストーリーを読むと「あー、なるほどな」と感じるものがあります。

父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった。
成功した実業家であるジャックは人生の岐路に立ち、遠い少年時代を回想する。力こそが全てだと信じる厳格な父と、純粋すぎるほどの愛に満ちた母との狭間で葛藤し、父への反感を募らせていた無垢な日々。暗黒の淵にとらわれそうな彼の心を、光のさす場所に留めたものは何だったのか? “あの頃”に再び思いを巡らす時、すべてを乗り越えつながり続ける家族の姿に、ジャックは過去から未来へと受け継がれていく生命の連鎖を見いだす…。

この映画を観る人の置かれた境遇によって、この映画から感じる内容がまったく変わるように思いました。映画には父・母・長男・次男・三男が出てくるのですが、自分がこの中のどこに当てはまるかで感想も大きく変わりそうです。

僕自身はもう1回観たいなと思いました。1回でこの映画の世界を完全に理解することができませんでしたので。

2011-08-04 21-23-34

試写会会場です。

2011-08-04 21-23-15

宣伝プロデューサーの脇坂さんから映画に関してのコメントもありました。海外では「この映画が理解出来なくても返金は出来ません」とプロモーションされた映画館もあったとか。

■リンク
・「ツリー・オブ・ライフ」公式サイト

Fans:Fans

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください